身の回りの素材を知ろう│プリント基板製造から加工まで

基板

プリント基板の作成

基板

精密機械を作る際には、基板は欠かせないものです。現在の基板は、プリント基板と呼ばれており、予めパターン設計したものを大量生産し、利用するというものです。プリント基板を海外で作っているという業者も多いです。しかし、最近では、海外での生産から日本の業者にするという見直しも行なわれつつあります。その理由として、日本製のプリント基板は品質が高いということがあります。レジストやパターンのはがれがあることや、ゴミの付着、文字などが滲んでいるという事例で悩んでいるという業者も多く、品質を保つために日本の業者に依頼するというケースも増えてきています。また、ネット通販では国内の企業でも安く提供している所もあり、短期間で納品することも可能です。

プリント基板の制作を行っている会社の場合、試作やパターン設計などの相談を受け付けている所も多いです。片面の基板から多層基板まで、あらゆる基板のパターン設計を行うことが可能です。プリント基板は、材料をしっかりと選ぶところから始まります。耐性や強度、全体的なコストの面からも考慮していくことが必要です。ただ、安くて丈夫というだけでなく、どこの場面で、どの材料を使うと適切かは、プリント基板の材料や特性で異なります。素材についての相談は、プリント基板の製作会社に依頼することで、適切なものを選んでくれます。ネットから見積もりや相談依頼を行なうことも可能な所が多く、今後大量生産する予定があるのであれば、その旨記載することで金額も変わることがあります。